3月5日着より承っております。

絶対ハズさない愛飲ワイン

シャンパーニュ2本を含むフランス瓶内二次発酵スパークリング

■シャンパーニュ2本を含むフランス瓶内二次発酵スパークリング6本セット スパークリングワインの頂点は疑いようもなくシャンパーニュですが、フランスでは各地域でシャンパーニュと同じく瓶内二次発酵で丁寧に造られる素晴らしいスパークリングワインが多数存在します。今回、タイプの異なる2種類のシャンパーニュとフランス各地域の評価の高いクレマン生産者の銘醸スパークリングを厳選しました。

■シャンパーニュ2本を含むフランス瓶内二次発酵スパークリング6本セット

特別価格19,800 円(税込) 全国送料無料

ワイン画像

ラングドック・ルーション地方/ドメーヌ・ジ・ロレンス社
クレマン・ド・リムー クロ・デ・ドモワゼル 2018年

スペインとの国境地帯に聳えるピレネー山脈とコルビエール山脈に囲われた高地にある、ラングドックでは高地にある産地リムー。とりわけスパークリングワインの歴史は古くシャンパーニュよりも1世紀も前から造られていた。このワイナリーは元シャンパーニュの生産者が立ち上げた、こだわりの生産者。一番搾汁のみを使用し、熟成もリムーの法定熟成が9か月、シャンパーニュの法定熟成が15か月のところ、22か月の熟成を経て出荷される。厚みとコクを感じる。余韻の大変長い複雑味のある本格派。

ワイン画像

ボルドー地方/ジャン・ルイ・バララン社
キュヴェ・ロワイヤル クレマン・ド・ボルドー NV

フランスで行われるクレマンのみを対象としたコンクール 「コンクール・ナシオナル・デ・クレマン」にて金賞受賞の常連であり、クレマン・ド・ボルドーのトップ生産者の一つ。ワイン造りはガロンヌ川右岸の地下の洞窟で行われ、20世紀初頭に石灰岩質の土壌から切り出された、地下30mにあるこのセラーは全行程4kmもあり、安定した低温で熟成される。独特のオリジナルの重厚な瓶から注がれる泡はクリーミーかつ持続性が長い。青りんごやライムのような口蓋をリフレッシュする爽やかな酸味が印象的。生ガキを始めとした貝類、甲殻類とは相性抜群。

ワイン画像

シャンパーニュ地方/ボーモン・デ・クレイエール社
ボーモン・デ・クレイエール グランンド・レゼルヴ ブリュット NV

1955年創業の生産協同組合ながら高い品質を誇る。大量生産のグランメゾンとは一線を画す、こだわりの醸造で、一番搾汁のうちでも約半分しか得られない貴重な搾汁であるクール・ド・キュヴェ(ハートのキュヴェ)を用いること、黒ブドウのピノ・ムニエ種を多く使用することでも有名。シャンパーニュのスタイルとしては、重厚でコクがあり、旨味に溢れるタイプ。ピノ・ムニエ種由来の味わいの深みや濃醇さが感じられる。

ワイン画像

シャンパーニュ地方/クリスチャン・ブルモー
クリスチャン・ブルモー キュヴェ・エルマンス ブリュット NV

元々は栽培農家であった。僅かに6ha、栽培から醸造まで一貫して行う家族経営のRM(レコルタン・マニピュラン)。畑では有機栽培、無農薬を実践している(認証無し)。黒ブドウのピノ・ノワールを67%用いるが、ワインのスタイルは、軽やかさを感じさせる洗練された辛口で、透明感がありシャープな酸味が印象的。持続性のあるキメ細かい泡立ちで、柑橘や青いリンゴのようなクリーンでよどみのない味わい。

ワイン画像

ロワール渓谷地方(アンジュー&ソミュール)/レ・カーヴ ルイ・ド・グルネル
ソミュール グランド・キュヴェ ブリュット NV

創業は1859年に遡る。数少ない家族経営のワイナリー。この地方のトゥフォ(石灰岩の一種)を切り出した醸造所と、過去には採石場であった地下12mにある400万本収納可能のカーヴでじっくりと熟成させてから出荷される。シュナン・ブラン80%のこのスパークリングは、ドライであるが、濁りの無い蜂蜜の様な仄かな甘さも感じる。熟成を感じさせないフレッシュさとミネラルを感じさせる。自然派の栽培ならではのスムーズな飲み口。

ワイン画像

ブルゴーニュ地方/ルイ・ピカメロ社
クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット NV

クレマン・ド・ブルゴーニュ発祥の地とされるリュリーで1926年に創業。現在は三代目フィリップショータール氏が三代目当主。クレマン・ド・ブルゴーニュがA.O.C.に認定される前から瓶内二次発酵によるスパークリングを手掛けていた第一人者的存在。爽快な柑橘系のフレーヴァーが広がり、若いブルゴーニュワインのようなニュートルでよどみのない果実味、泡立ちも溌溂として明快な美味しさ。アペリティフに最適。